​ご挨拶

photo-b.jpg
makotokurihara.png

ムリ・ムダをなくし、会社の成長のためのご提案をします。

 

多くの会社や会計事務所は長年従来のシステムや慣習を踏襲してきているので

多少効率が悪い部分があっても経験やマンパワーで何とか出来るとして基本的に変えたがりません。

 

会社が変えたくないということであればそれが経営判断ですのでそれでよいと思います。

しかし会社が大幅な効率改善を目指しているのに、会計事務所で対応していないという場合は機会を失ってしまいます。

 

今はクラウド会計があり、クラウド給与があり、年末調整もクラウドででき大幅に効率化できる時代です。

従来のシステムがそのうちクラウド対応するから大丈夫と思っていませんか。

 

実際に比べて使ってみないと実感できないかもしれませんが、

最初からクラウド仕様のものと後付けでクラウド対応したものとでは効率化の質(金額も)がまるで違います。

 

預金口座やカード明細と連携・自動取り込み、給与明細はWeb発行、年末調整はスマホ。

領収書類は改正で導入しやすくなった電子帳簿保存法。

 

どうでしょうか、もしまだ採用していないのであれば導入することでいずれも大幅な効率改善が見込めるものばかりです。

 

ほかにも会社の効率化と発展につながるご提案をさせていただきます。

ぜひ一度お会いして、お話をお聞かせいただけたら幸いです。

税理士 栗原 誠