​ご挨拶

photo-b.jpg
makotokurihara.png

ムリ・ムダをなくし、会社の成長のためのご提案をします。

 

一般に会社の経理は長年同じシステムを使用し体制が確立すると固定化してしまう傾向があります。

効率化したいと感じていてもこれまでの経験や頑張りで何とか出来てしまうこともあり変化を避けたくなります。

最近、ベテラン経理が休職や退職してしまうことで、後任が体制を維持できない、これまでのやり方がわからない、

設立後まもなく経理にまで手が回らないため後回しになり決算で困っているという相談が増えています。​

経理はもちろん大切な役割ですが、あまり属人的なものにしない必要性が高まってきていると強く感じています。

今はクラウド会計があり、預金口座やカード利用明細の自動取り込みから自動登録まで出来るものまであります。

経理の仕事のうち一定程度を自動化しておくことで、負担を軽減でき、かつ、会社の経理が止まらず、

不測の事態の際にも影響を最小限に抑えることが見込めます。

他にも同じデータがいろんなところにありどれが最新かわからないとか

同じデータをほかの人が使用中で使えないため支障があるという場合にもクラウドが有効です。

会社が抱える悩みやリスクに対し会社に合ったオーダーメイドのご提案をさせていただきます。

ぜひ一度お会いして、お話をお聞かせいただけたら幸いです。

税理士 栗原 誠