• 栗原誠

中古車価格高騰

町田市の税理士くりはらです。


半導体不足の影響で新車の供給不足のため中古車市場が高騰しているようです。

レクサスRXの購入から5年目で2回目の車検を控えていたので、先週末、査定をしてマツダCX-5を見学に行ってみました。


 きっかけ 


当時、前車のハリアーからの乗換時にハリアーの査定額が思いのほか高かったのと、最後の税理士試験に向けどうしても強烈なモチベーションが欲しかったので、かな~り背伸びをしてレクサスRXを注文したという経緯があります。


おかげさまでかろうじてモチベーションを維持して無事に税理士試験に合格し、税理士になってRXに乗るという目的は達成しました。


そして、レクサスに乗りたかったもう一つの理由は一流のサービスとはどういうものかを一度知っておきたかったというのもあります。


購入時の特典で金谷ホテルに泊まったり、レクサスはさすがの良いサービスでしたが、しかし私は根っからの庶民です。


ある程度は相応の雰囲気を保つように心がけていましたが、勘違いしたくなかったのと税理士開業し、初心に帰るとまでは言いませんが、心機一転したいと思っていました。


そこへちょうど中古車市場が賑わっているようなので、いい機会だから一度査定してみようかとなりました。


 査定結果 


前置きが長くなりましたが、買取業者によるレクサスRX200tFsportsの査定額は435万円でした。


購入時の金額は割賦料金込みの金額で700万円弱でしたので、スタッドレスタイヤの購入費や保管料、車検費用は除き、年間コストは53万円くらいになったということになります。


ちなみに2年前の1回目の車検前のレクサスの査定では390万円でしたので、今回はそのときよりも高いです。今なら330万円くらいでしょうか。


 高額査定の理由 


私は新車の供給不足で中古車価格が高騰しているのが理由と考えていたのですが、ここまで高額になったのは、実はロシアの影響のようです。


もちろん国内市場の中古車価格も高くなっていますが、ロシアの方たちがルーブルの暴落を警戒して高級財を買い進めているなどの国際市場の影響がかなり大きいです。


ただ、いつロシアへの輸出が出来なくなるかが読めないらしく、今月の積み荷に間に合うよう1日でも急ぎたいとのこと。(円安の影響もあるか)


大事にしていたクルマがロシアに行ってしまうのは正直微妙ですが、今の私にとっては渡りに船だったので、思い切って手放せました。


 おわりに 


次車はCX-5のXD Sports Appearanceになります(初のクリーンディーゼル、ソウルレッド)。ただ、納車は3か月待ちなのでしばらく買取業者からの代車生活です。


私の場合、クルマの乗り換えがその時々の転換点(節目)になっています。私にとってクルマは単なる乗り物ではなく、人生の一部であり、困難をともに乗り越える大事なパートナーという感じです。


とは言いつつも、もし車を売ろうか考えているなら今がいいタイミングだと思います。







閲覧数:3回